スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

入試!

みなさま、こんにちは。


さて、昨日、今日と、こちら岡山県では私立高校の1次試験が行われております。

私が面倒を見させてもらっている生徒も、
今日が入試です。

昨日の段階では7割の仕上がり具合だったので、
ちょっとカツ!を入れたのですが、
まぁ、落ち着いてやれば大丈夫でしょう。


それにしても、メディアなどでは、平気で
「倍率が××倍で~」
などと10倍を超えるような数字を並べていますが、
実質合格者として、定員の何倍もの人数に対して『合格』を
通知するのですから、まともにその数字を受け入れるのは
ちょっとどうかなと思いますね。

もちろん、岡山で言えば、H陵や「サンルイ」のある高校などは
「ほぼ実質倍率」と考えても良いかもしれませんので、
その辺りは注意しておく必要があるとは思います。


何にしても、教育は連続したものですから、
節目は大切にしながらも、同じ子供を育てていることを
もっと意識しなければならないと思います。


塾では、小学校から高校まで一貫してその生徒をみることが
できますので、その子の「成長」が手に取るように分かりますので、
その点はありがたいですね。

高校の先生もできるだけ中学に行って、
「出張授業」の1つもしてもらえたらと思います。

中学生も1週間くらい、自分の希望する高校に行って、
授業が実際に受けられたら、もう少し「高校を選択する」
ことに対して前向きに検討できると思います。



関係ない話かもしれませんが、
先日、中2が「チャレンジワーク」なるもので、3日ほど
お寿司屋さんで働かせてもらったそうです。

それに関しては、学校は基本的にノータッチで、
研修先(?)も自分たちで交渉したとのことでした。

(まぁ、なんらかでのフォローはあったと思いますが)

で、その3日が終わった辺りでそのR君に聞いてみました。

「3日もお寿司屋さんにいたら、少しは握らせてもらった?」


「いえ、ずっとフライドポテトを小袋に分けたり、
蛸を洗ったりしてました。」


「えええぇぇぇえええ~っっつつ!
3日も?!」


「はい!」


なんか、ガッカリですよね。


中学の方も、授業の一環としてさせるのであれば、
その仕事先にきちんと趣旨説明をしておくべきだと思います。

「今後の生徒たちの将来、仕事観を考えさせていく上で、
仕事の厳しさ、またそれと同時に、仕事の楽しさを
味わせて頂けると嬉しいです。

宜しくお願いします。」


等と一言伝えておけば、人足のような仕事ばかりを
させなかったかもしれません。


仕事の楽しさは、やはり、お客さんに
「ありがとう! 美味しかったよ!」
とお寿司屋さんであれば、言われることでしょう。

であれば、3日目に家族の人に来てもらって、
その間だけでも、生徒にお寿司を何貫か握らせてやるとかできたはずです。

そして、そこのお寿司が美味しければ、
そのチャレンジワークが終わった後も、
きっとお客としてその家族はそのお寿司屋さんを訪れると思います。

或いは、
「あそこのお寿司屋さんはいいお寿司屋さんだから、
是非、行ってみてね!」
の一言も言って貰えると思います。

そういうチャンスを全部反古にしてしまったようです。
なんか、もったいないですね。



来年以降は、申し込む生徒に言わせてみようかなと
思います。




あ、当塾ではあまりオススメしておりませんでしたが、
何名かは中学受験をしたようです。

受験した人は、合格したようです。笑


とりあえず、
「おめでとうございます」


ちょっとしばらくは「リセットタイム」ね!

スポンサーサイト

2010/01/29 12:15 | 未分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

体験

うちの田舎では職業体験があります。
それは、農業高校、商業高校、工業高校で行われるものですが。。。。
普通にこき使われますよ(笑)

そういえば、東京、大田区では、中学生が体験学習で地元の和菓子屋さんや花屋さんなどで、職業体験しています。
友達の和菓子屋にも来るのですが、引率の大人によって随分差が出るようです(汗)・・・引率は先生または、父兄。
仕事の邪魔をさせないような配慮ができる引率者のグループは、作業も仕事もはかどって、予定以上のことができるけど、外でタバコ吸ってたり、騒いでもただ見ている引率者のグループは、半分以上をやってあげないと、時間内に終わらないと嘆いていました。

学校の行事としてやると、やらされている感が強いのかもしれませんねぇ。

No:53 2010/01/29 16:00 | ゆいまま #- URL [ 編集 ]

Re: 体験

ゆいままさん 江

いつもコメント、ありがとうございます。

高校はね、良いんですよ。
ある程度自分の進路が絞られていますからね。
目的意識を持ってできると思うので、
普通にこき使われても、納得できると思うんです。

でも、中学って、ゆいままさんが仰る通り
>やらされている感が強い
から、それなりに仕掛けをしておかないと、
時間がモッタイナイと思うんですよね。

生徒たちにも、仕事の大変さと楽しさを味わってもらうこと。
それによって進路を考える上で参考にするのが、
この活動の目的だと思うのですが、
これだと、
「働くのって、ダリ~。」
ってことばかりになりかねないと思うのです。

「良いように使われて終わり」、
なんてことだけにはしたくないです。

その辺り、やはり関係される方が、
「何のためにやっているのか。」
ということをもう一度考えてからした方が
良いと思いますね。

No:54 2010/02/01 11:55 | どんぐり個別指導学院 ひろなか #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。