スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

知りませんでした・・・

みなさま、こんにちは。


最近、やたらさださんにハマッているひろなかです。
うっかりすると、授業中にも
「490円~♪」
なんて歌ってしまっています。笑


そんな私にちょっと気になるニュースが。

さださんのお父さん、雅人さんが去年の12月10日に
お亡くなりになっていたのですね。


さださんのお父さんと言えば、『転宅』の歌の中にも出てきますし、
あの名(迷)曲『おやじの一番長い日』の中にも出てくる方です。

ええ、あの「(娘を)奪っていく君を 君を殴らせろ」
とのたまった方です。
実際には、言う機会を与えられませんでしたが…。
(あ、玲子さん、すみません)


中学1年生になる息子を故郷長崎から、
遠く東京に送り出す父親の心境とは
いかばかりだったのでしょうね。

そして、小さい頃からの夢であったバイオリニストの夢に破れ
ひっそりと故郷に帰ってきたさださんを見守っていたのも、
きっとお父さんだったのだと思います。


お父さんご自身も、本当に波乱万丈な人生だったようです。


材木商を成功させて、庭に小山があるような豪邸住まいだったのにも
関わらず、一転、事業に失敗し小さな長屋暮らしに。


さださんは、その頃の思い出に、

「悔しいとかそういう気持ちはなかったけど、
箪笥を動かした後の、畳の青さに驚いた」

というコメントをしていました。


しかし、その長屋生活のおかげで、後日
「薔薇ノ木ニ 薔薇の花咲ク」
などが生まれたように思います。


本当にお疲れ様でした。



「建具屋カトーの決心」のように、

「あ~、面白かったっ!」

と死んでいけたら、本当に良いですよね。

スポンサーサイト

2010/01/27 16:22 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。