スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

世界平和と個人 【覚書】

人生最大の幸福が外部世界での経験、ーつまり外部にある物質的な世界ー、
によってのみ得られるのだとしたら、
あなたがた人間は、個人として、或いは国として、幸せになるために積み上げてきたものを
一かけらたりとも手放すまいとするだろう。


苦労して手に入れた家も、
苦労して手に入れた土地も、
車も、
素晴らしい肉体も
美しい容貌も、
可愛らしい子供たちも、
冷蔵庫に山積みになっている食料も、
「自分のもの」という権利を主張して、決して手放すことはないだろう。


そして、「持たざる者」が自分の不幸を、物質的な欠乏のせいにしていたら、
彼らもまた同じ罠に陥るだろう。

常に、あなた方が持っているものを欲しがり、
あなた方は常に分かち合うことを拒み続けるだろう。


全ての争いごと、戦争から、家庭内の小さな喧嘩に至るまで、
その争いごとの解決方法は、ちゃんとある。

それは、精神的、霊的な解決方法だ。


(あなたは、今、自分が見て、触って認識している『身体』という物質ではない。
あなたの身体という物質を動かしているのは、精神、霊というエネルギーだ。

ちょうど、冷蔵庫やパソコンが電気がなければ動かないのと同じように、
あなたも、精神、心、霊がなければ、肉体を動かすことができない。

電気と違うのは、精神、心、霊は、意識をもったエネルギー体だということだ)



最終的には、全ての地政学的な問題は個人の問題と同様に、霊的な問題に行きつく。


地球上に争いが起こるのは、誰かが持っているものを持っていない人が欲しがるからだ。
そのために相手がして欲しくないことを思っていることをするようになる。
全ての紛争は、この間違った欲望から始まる。

世界中で持続しうる唯一の平和は、内的な平和だ。



それぞれの人が、内的な平和を見出したとしよう。

そうすれば、あなた方は「なし」でやっていくことができる。
つまり、あなた方は、外部世界のものを必要としなくなる。



「必要としない」
それは偉大なる自由だ。



まず、不安から自由になれる。
自分には持てないものがある、という不安だ。
それに、特定のものがなければ幸せになれないという不安だ。


第二に、「必要としない」と、怒りからも自由になれる。
怒りとは、不安の表現だ。
不安に思うことがなければ、怒ることもない。


欲しいものが得られなくても、あなたは怒らない。
なぜなら、欲しいと思ってもそれは好みの問題であって、
絶対に必要だというわけではないからだ。

だから、あなたは「得られないかもしれない」という思いにつきものの不安を感じない。
したがって、怒りも感じない。


誰かがあなたの意に反することをしても、怒りは感じない。
なぜなら、どうしても誰かに何かをさせなければならないという必要を感じないから。
だから怒りも感じない。

あなたは誰かが不親切であっても、怒りはしない。
なぜなら、親切にされる必要性を感じないから。

誰かに冷たくされても怒りはしない。
なぜなら、愛される必要性を感じないから。

誰かがあなたに酷いことをしたり、傷つけようとしたり、損害を与えようとしても、
あなたは相手に別の振る舞いをさせる必要性を感じないし、
自分が傷つけられはしないことを知っている。


例え、誰かがあなたの命を奪おうとしても、あなたは怒りはしない。
なぜなら、あなたは死を恐れないから。
恐れがなくなれば、他の全てもなくなり、
あなたは怒らなくなる。


あなたは心の中で直感的に自分が創り出したものは
全て再び創り出せることを知っているし、
もっと重要なことには、
それが実はどうでもいいことを知っている。


内的な平和を見出した時、
人であれ、
場所であれ、
物事であれ、
条件であれ、
環境であれ、
そうしたことの有無では、心の状態も、自分という存在の体験も
影響を受けなくなる。


だからと言って、肉体に関わる全てのことを拒絶するということではないよ。

あなたはかつてなかったほど、肉体を充分に体験し、歓びを得るだろう。

だが、肉体的なことへの関わりは、自発的なものであって、強制ではなくなる。
肉体的な感覚を経験するのは、自分がそれを選択したからであって、
幸せに必要だからとか、悲しみを正当化するのに必要だからではない。


この単純な、-内側の平和を求めて、見出すー 変化が万人に起これば、
全ての戦争はなくなり、世界には永遠の平和がもたらされるだろう。

他に必要な方策はないし、またありえない。




世界平和は個人的な事柄だ。


必要なのは環境を変化させることではなく、意識を変化させることだ。

スポンサーサイト

2009/07/15 09:12 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。