スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

watotoへのご来場、本当にありがとうございました!

みなさま、こんにちは。


先日のwatoto公演に、本当に沢山のご来場を頂きました。


関係者の一人として、心よりお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!

岡山にも、これだけ「チャリティーコンサート」にご賛同頂ける方々がいた
ということが、本当に嬉しかったです。

ある方も同じことを思って下さっていたようで、
「私も、あの時は自分が岡山人でいることが誇らしかったもん!」
と仰って下さっていました。



しかし、席数に対してチケットを販売し過ぎたようで、
座席でなく、通路に座ることになってしまったお客様、
また、会場にすら入れず、玄関ロビーでのプロジェクタ上演で
ご覧下さった皆様。
また、「座れないんだったら、チケットを払い戻してくれ!」
と仰っておられたお客様もいたようです。

本当に申し訳ございませんでした。

でも、雨が降っている中、
足元の悪い中で、そこまでして見に来ようの思って下さったことが、本当に嬉しかったです。


Watotoの子どもたちの笑顔が全てを物語っていたように思います。


公演が終わってから、さっきまで踊っていたwatotoの子どもたちも玄関先でお見送りをしていました。

私もその子供たちに混ざって、
「ありがとうございました!」
とお見送りをさせて頂きました。


ホントに大勢のお客様がその子たちの手を握り、
「ありがとうね!」
「がんばってね!」
「応援しているからね!」
「Thank you for your smile!」
など、色々と仰ってくださっていました。

中には、涙を流しながら、
「辛かったよね。
苦しかったよね。
でも、ホント、よかったね」
と両手でwatoto子どもの手を握り締めながら、語りかけておられるご年配の方も
いらっしゃいました。


私も、授業の関係で30分ほど遅れて会場に入りましたが、
すでに玄関ロビーまでいっぱいでした。
そこで、聴いた『アフリカの子守唄』。
聴いているうちに、色々なことを思い出してしまって、
気がついたら涙が出ていました。


親に抱きしめられなかった子どものこと。
子どもを抱きしめることができなかった親のこと。

今、私が抱きしめることのできる子どものこと。
抱きしめることのできなかった子どものこと。
我が子のこと。



みんなが、抱きしめられて生まれてきたということ。


寂しさを知ると、愛しさも理解できます。





アフリカの子守唄


誰が私に子守唄を歌ってくれるの?
誰が泣いている時に抱きしめてくれるの?

朝、目が覚めるとそこには誰もいなかった。
誰が私に子守唄を歌ってくれるの?

たった1つの藁の敷物
2人の姉妹と1人の弟を残し、
私の父は死んでしまった。

今、私は母に向かって泣く

誰が夜中私たちを守り、見守ってくれるの?
誰がろうそくの火をそっと吹き消してくれるの?

誰が子守唄を歌ってくれるの?
誰が泣いているときに抱きしめてくれるの?

朝、目が覚めると、そこには誰もいなかった。
誰が私の子守唄を歌ってくれるの?


あなたは私の子守唄を歌ってくれますか?
私が泣いているときに抱きしめてくれますか?

朝起きた時に、そこにいてくれますか?
私のために子守唄を歌ってくれますか?

あなたは私の子守唄を歌ってくれますか?
私が泣いているときに抱きしめてくれますか?

朝起きた時に、そこにいてくれますか?
あなたは私の子守唄を歌ってくれますか?





誰かが、誰かのための寄り添うことは、
与えているように見えて、
実は沢山のものを受け取っているのです。

スポンサーサイト

2009/11/16 10:43 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。