スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

速さを強要しないこと

みなさま、こんにちは。

昨日は、小6と中2の授業でした。
中2の子たちは、分数が苦手のようでしたので、基本から教えていきました。


「『÷3』と『×1/3』が同じ操作を要求されている」
ということを知らなかったようで、その辺りからの説明でした。

小学校の算数で、「分数」は確かに鬼門でしょうね。
イメージしにくいと言うか、イメージがきちんとするまで「視覚化」出来ていない感じでした。


小学校の時に、具象的な数字を使っての練習(=遊び)をしっかりしていないと、中学に入っていきなり文字式で、
「文字でかける」とか、
「文字で割る」とか、
そういうことが、「何をしているのか、わからない」という風になりがちです。


だからと言って、「計算問題」を沢山すれば良いというわけではありません。

事実、この子達も「計算問題」だけは、沢山やってきた子たちなのですから。

お母さんも言われていましたが、
「小学校のときは、80点以下を取ったことなどなかった」
そうなのです。


大切なのは、
「じっくりと考えること」
「じっくりと楽しむこと」
です。

昨日の授業で、「どういう意味か」ということは大分意味が分かってきたようでしたので、もう少しだけ練習をさせていこうかと思っています。



一方の小6の授業。
昨日は時間を取って、こんな問題を考えてもらいました。


「○○○ △△ =170
 ○○○○ △ =160
 ○=?  △=?」


あれやこれや色々と考えてくれました。
A4の紙を3枚くらい使ったでしょうか。(笑)

15分くらいしたところで、
「ちょっと休憩する?」
と言っても、
「いや~! もうちょっとで解けそう!」
とずっと集中していました。(笑)


30分くらいしたところで、
「あぁあぁあぁあああ!! そうか!」
と気づいてくれました。(笑)

素晴らしく良い笑顔でした。

今日の感想に、
「今日はすっごく頭を使った感じがする。疲れたけど楽しかった!」
と書いてくれました。


こういう感覚が毎回あると、勉強も楽しくなるのかもしれません。

そして、見る人が見れば分かりますが、この問題は連立方程式の問題にもなります。

3x+2y=170
4x+y=160

という風な式にも、書こうと思えば書けます。

しかし、その式が、上記の○△の絵図に描き直せる生徒は、逆に何人くらいいるでしょうね。


「連立方程式の解き方」を教えることは簡単です。
しかし、その原理を自分で気づいて、解き方を考えること。
これは、今までの知識をフル動員してかからなければできません。

その経験こそが「宝」なのだと思います。

そういう練習をしている時期なので、スピードであおってはいけないと思うのです。

スポンサーサイト

2009/11/02 12:56 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。