スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

教育の最終目標について

みなさま、こんにちは。


塾でもそうですが、教育の最終的な目標は何かと言えば、

「生徒を自立させること」

です。


「自立とは何か」と問われたら、
「私なしで生きていけるようにすること」だと答えます。

今の教育、そして人に対して何かをアドバイスするようなお仕事、或いは、ヒーラーやカウンセラー、占い師もそうでしょうが、すべからくこの思いを抱いていないと、結局は失敗します。

(本当は「失敗」というものはありませんが、便宜上この言葉を使います。
「失敗」とは、「本来の機能を果たさない」という意味です。)


親も同様です。
親は、なるべく早く、この意識を持っておく方が良いと思います。

そのときに気をつけないといけないのは、
「育てられる側(子ども)」が、もう要らないと思うまで「育てる側(親)」は与え続ける、
ということです。
それは、無条件であることが前提です。


十分に与えられた子どもは、悪く言えば「飽きて」きます。
良く言えば、それを「信じること」ができます。

そうすれば、また新しい「刺激」を求めて、工夫をするなり、探検に出かけるでしょう。

それが「オリジナル」「自分らしさ」ということだと思います。
自分らしさを出せるようになると、それは「楽しみ」になります。
それが『生きるコツ』なのだと思います。


「自立する」とは、「必要としないこと」です。
いつまでも、誰かにやり方を聞かないと何もできないのであれば、それは自立しているとは言えません。

「先生がいなくても、問題が解けるようにすること」が、先生の仕事です。
「医者の必要を感じないほど健康になること」がお医者さんの仕事です。
「親がいなくても、子どもが生きていけるようにすること」が、親の仕事です。


その同一線上に、「モノ」もあります。

沢山の「モノ」がなければ「幸せ」になれない人は、幸せから離れている人です。

豊かな人とは、沢山の物を持っている人でなく、
少ない物で満足できる人のことを言います。


所有の強迫観念の虜になっては、自分の人生を生きられません。

自分が主役なのか。
モノが主役なのか。

自分以外の誰かが自分の人生の主役にはなれません。
人は、どんな人でも10代元をたどれば1024人の先祖がいるそうです。

もし、その人たちが全員観客で、「あなた」という人生の劇を見ているとしたら、それはどんな「劇」になっているでしょうか。

その1024人全員が、
「ほらー、頑張ってー!」
「大丈夫、大丈夫。心配ないよ!」
「あなたは、私達の代表選手なんだから、それでOKなんだよー!」
「しっかりねー!」
「せっかくのチャンスなんだから、楽しんでねー!」
などという、大声援をいつも送ってくれているとしたら、どうでしょうか。


依存と共依存を一緒にしてはいけません。
必要と欲求は違います。

自分が社会でやりたいことをするために、技術を探して身に付けることを勇気と言います。

親は子どもに勇気が出るように育てていくことが大切だと思うのです。

スポンサーサイト

2012/09/13 16:25 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。