スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

Merry Christmas!

みなさま、こんにちは。

そして
「メリー、クリスマス~!」
ですね。

何となく日本では、
クリスマス・イブがクリスマスの最高潮みたいになってしまって、
本当のクリスマスの25日は、
すでに「抜け殻」みたいになっておられる方が多いように思います。(笑)


でも、イエスさんが誕生されたのは、明後日の25日だと
されていますのでね、そちらをお祝いをしたいと思います。



誤解の無いようにお伝えをしておきますが、
私はクリスチャンではありません。

イエスさんだけを特に信仰しているわけでもありません。



ただ、「一人の人間として」とても尊敬しています。


こういうことを書くと、クリスチャンの方々から怒られそうですね。(笑)




しかし、
「神様、あなたの信者から私を救いたまえ!」
なんて皮肉もあるくらい、妄信的になってはいけないと思います。



イエスさんの言いたかったのは、
「あなたも、私と同じくらい素晴らしいのです。」
ということでしょう。


だから、自分と同じように隣人を愛しなさい
と言われたのでしょう。


そして、最も大切な事は、
イエスさんは自分が神だと祀り上げられても、
全然嬉しくないのだろう、ということです。


イエスさんは、ご自身の人生を「お手本」として、
或いは「1つの例」として差し出したのだと思うのです。


「こういう生き方もできます」
という証拠として。



「それを踏まえて、あなたはどう生きますか?」

という問いを、絶えず投げかけているのだと思います。


誰かや、何かを妄信して、自分の判断、自己責任、
自由意志を放棄してしまうことは、依存でしかありません。




親は子どもを自立させることが仕事です。

先生は生徒を自立させることが役割です。



自立とは、一人になっても人生を楽しめる力がある、
ということです。


イエスさんが生きていた時代、
本当に今よりもずっと大変だった時代だったでしょう。


しかしクリスマスは、
「それでも、私のように生きることもできるのですよ」
と説き続けた人に思いを馳せてみるのも、
良いかもしれませんね。

スポンサーサイト

2010/12/23 15:57 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。