スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

好きな本より

みなさま、こんにちは。


最近頑張っている中3のAさん。
昨日も、自習に来ていました。
今までやってなかった分の取り返しは大変だけど、覚悟を決めて頑張るそうです。

暖かく見守っていきたいと思っています。



さて、灰谷健次郎さんの『わたしの出会った子どもたち』という本があります。



私にとっては、読むのはとてもツライ本です。

ですが、「本当の優しさ」とは何か? 
ということを考えさせられる、とてもあったかい本です。

そして、いつも泣かされる悔しい本なのです。(笑)


1つだけその中のエピソードを紹介したいと思います。
(文庫版70ページより要約)



骨くんの話


人間の優しさや、楽天性の通らない社会は
どこかに大きな病巣を抱えているものだ。

人間の犯す罪の中でもっとも大きな罪は、
人が人の優しさや楽天性を土足で踏みにじるということだろう。


骨くんこと「たかはし・さとる」は、
他の子どもたちと同じように真新しいランドセルを背負って、
1年2組のぼくのクラスに入学してきた。

少しびっこを引いているところを除けば、
他の子どもたちと少しも変わることはなかった。


(しかし)実は、さとるは大きな障害を持って入学してきたのであった。

前年、幼稚園からの帰り、ダンプカーにはねられ、
右大腿部切断という大事故にあっていた。


少しびっこを引いているのは、義足をつけているからである。


その後、さとるは、学校を休みがちになる。

友だちがいじめたというわけでもない。

担任のぼくが嫌いというわけでもない。

勉強は好きだというのである。



じゃあ、どうして学校に来ないの、と聞くと
貝のように口を閉ざしてしまう。


親が親の顔をし、教師が教師の顔をして理詰めで攻めてくる。
そういう世界がさとるは嫌だったのだろう。
そういう世界に孤独を感じていたのだろう。






ぼくは途方に暮れた。



毎日5年生にいる姉が届けてくれる手紙だけが、
さとるとつながり合える細い道だった。





ある日、ぼくは彼の手紙を読んでいた。

学校を休んで深江の浜に遊びに行ったということが書いてある。
その光景を想像してみる。

寂しい風景だ。


手紙を読み進める。



カニを取って、カンに入れたと書いてある。

そして、次の一文にぼくの魂を凍らせるようなことが書いてあった。



「・・・ぼくは あしのちぎれたカニばかりとって カンカンにいれました。」



呆然とした。




たった6歳の子どもが、ひとりで海に行き、
足の欠けたカニを友だちにして遊んでいた。

ぼくはさとるにとって何だったんだろう。

激しい後悔がぼくをいたたまれなくする。


ぼくはペンを取り、1字ずつ精魂を込めて、彼に手紙を書く。



「せんせいは、さとるちゃんがすきやで。

なんぼ、ぎ足をつけとってもすきやで。

ぎ足をつけとうから、よその子よりも、もっともっとすきやで。

つらいことがあったら、てがみをかきよ。」



さとるは少しずつ学校に来るようになった。

もともと彼は、手紙を書くということも苦には思わない子どもだったが、
ものを書くということに、
非常に意欲を持っている子どもだということが、わかってきた。


彼は次々にはじけるように表現していった。
おどろいたことに、どの表現も明るさに満ちているのである。

信じられないことだった。





あべこべの国

ここがあべこべの国やったらおもしろいぞ
金もちがびんぼうで
金1円ももっていないのがおお金もちや

どろぼうがきたら
「手をあげろ」じゃなくて
「足をあげろ」というから
どしんとしりもちをつく
そしてどろぼうが金くれんねん




ある感動的なシーンが生まれる。

秋の運動会のことだった。

1年生のかけっこの順番がまわってきた。

ぼくはいくぶん、躊躇しながら、さとるに言った。

「さとる。走るか?」

一瞬、彼は怪訝な顔をしてぼくを見た。




ぼくはあわてて言った。

「よしよし、がんばってこいよ。」


ピストルが鳴った。
小さな兎たちはいっせいに飛び出した。
さとるは駆ける。
真っすぐ天を向いて・・・。

義足が鳴る。
熱い息が出る。
さとるは懸命に駆けていた。


しかし、さとるがやっと折り返し点を回ったとき、
さとる以外の子どもたちは全員ゴールに駆け込んでいたのである。


さとるは広い運動場をひとりで駆けていた。
運動会特有のあのやかましい音楽が奏でられているのに、
運動場はシーンとしている。



―――そう感じてしまうような雰囲気だった。



いつ転んで泣き出すか、
観客のそんな思いが、
周りの空気を固く、
冷たくしていた。


さとるは、しっかり前を向いて駆けていた。

前に広がる青い空だけを見て駆けていた。

自分の力のありったけを出して駆けていた。




無心の眼だった。

観客はいつしかその眼に吸い込まれていった。

観客のはらはらした気持ちが、
感動に変わりつつあった。




さとるがゴールに近づいたとき、猛烈な拍手が巻き起こった。



突風のように・・・。



しかし、拍手はいつまでもいつまでも鳴り続くのだった。




あの激しい拍手はいったい何だったのだろうか。

さとるの力走を見ていた数千人の子どもたちと親たちは、
そのとき、さとると同じように片足を失くし、
義足を着け、
そして走ったのだ。

そうでなければ、あの激しい拍手がおこるはずがない。


鳴り止まない拍手の中、
ついにさとるはゴールに駆け込んだ。


駆け込んでから、伏し目がちに、
あの恥ずかしそうな眼が、ぼくを見て笑った。








このあと、灰谷さんは、
さとるくんが「楽天性を発揮できた」関係を、
「孤独と孤独がダブったときに起こる、対等ともいうべき共感」
と述べています。



そして、
「そういう関係こそが、共に学びあい、共に伸びていく人間関係ではないか。」
と問いかけています。




最後には、

「ほんとうに人間を愛することのできる人は、
本来、楽天家であると、今、ぼくは思う。

そして、楽天主義者こそが、
ほんとうの批判精神の持ち主であるとも思う。」


という言葉で締められていました。



『優しい人』は、必ずその裏で「苦労」をしています。

人に言えない苦しみや悩みを越えてきています。
だから、「その分」だけ、人に優しくなれるのでしょう。
優しさとは、苦労の「絶対値」なのでしょうから。


私が人に優しくしてもらったとき、
その人が背負ってきた「苦労」を垣間見ることがあります。


少しでも、その「荷物」が軽くなれば、
と私は心から祈ります。

そして、その「重さ」を背負える「心」を持った、
その人に心からの尊敬に似た気持ちを抱くのです。


子ども達には、なるべく「苦労」はさせたくない、
というのは切なる親心なのでしょうが、
苦労を知らなければ、人の痛みがわからない。

その矛盾を抱えることが、
「親行」ということなのかも知れませんね。

スポンサーサイト

2010/11/30 17:11 | 未分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

今、いろんなことが整理できずにいます。

親行・・・難しいですね。。。

No:94 2010/12/01 08:48 | ゆいまま #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ゆいままさん 江

ご無沙汰しております。
お元気ですか?


> 今、いろんなことが整理できずにいます。

> 親行・・・難しいですね。。。


大変かもしれませんね。

でも、それを楽しむこともできるかもしれませんよ。

整理されるべきことは、
その都度、整理されていくはずです。
やれることを精一杯していけば、
それだけです。笑

No:95 2010/12/08 16:12 | どんぐり個別指導学院 ひろなか #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。