スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『サンタクロースって本当にいるんでしょうか?』

みなさま、こんにちは。

街はすっかりクリスマスモードですね~!

デパートでクリスマスの曲がかかっていたりすると、
なんとなく嬉しくなりますが、
同時に気ぜわしい感じがするのは、
私だけでしょうか・・・?笑



さて、1897年の9月21日は、『ニューヨーク・サン』紙に新聞記者フランシス・チャーチさん
が、社説「サンタクロースは実在するのか」を掲載した日です。

もうかなり有名な社説ですので、ご存知の方も多いとは思います。
改めてご紹介しますと、当時ニューヨークに住んでいた8歳の少女、バージニアは小学校で「サンタクロースはいるのか」ということで、友だちと口論になったようです。

そこで家に帰り、医師である父に相談したところ、
「『ザ・サン』の新聞記者さんに相談してごらん」
という返答をもらいます。

バージニアは次のような手紙を送り、『ザ・サン』に送りました。



こんにちは、しんぶんのおじさん。
わたしは八さいのおんなのこです。
じつは、わたしのともだちに「サンタクロースはいない」という子がいます。
パパは、わからないことがあったら、「サンしんぶんにきいてごらん」
といいます。

おねがいです。ほんとうのことをおしえてください。
サンタクロースはいるのですか?

ヴァージニア・オハンロン



この8歳の女の子の手紙にフランシス・チャーチ記者はこう答えました。



ヴァージニア、おこたえします。
「サンタクロースなんかいないんだ」という、あなたのお友だちは間違っています。

きっと、その子は何でも疑いたがる年頃で、目で見たことがないと信じられないんだね。
そして、自分の見たことだけ、分かることだけが、全部だと思ってるんだよ。

でもね、ヴァージニア、
大人でも子どもでも、全部が分かるわけじゃない。

この広い宇宙では、
人間って本当に小さな小さな生き物なんだ。
ぼくたちには、
この世界のほんの少しのことしかわからないし、
本当のことを全部分かろうとするには、
まだまだなんだ。


実はね、ヴァージニア、
サンタクロースはちゃんといます。

愛とか
思いやりとか
優しさとかが
ちゃんとあるように、
サンタクロースもちゃんといるし、
愛も
サンタクロースも、
ぼくらに輝きを与えてくれる。

もしサンタクロースがいなかったら、
ものすごく寂しい世の中になってしまうよね。
ヴァージニアみたいな子がこの世にいなくなるくらい、
ものすごく寂しいことだよ。

サンタクロースがいなかったら、
無邪気な子どもの心も、
詩を楽しむ心も、
人を好きって思う心も、
全部なくなってしまう。

みんな、何を見たって面白くなくなるだろうし、
世界を楽しくしてくれる子どもたちの笑顔も、
消えて無くなってしまうんだよ。



サンタクロースがいないだなんて言うのなら、
妖精もいないっていうのかな。

だったら、パパに頼んで、
クリスマスイブの日、
煙突という煙突、全部に人を見はらせて、
サンタクロースが来るかどうか確かめてごらん。

でももし、
サンタクロースが来なかったとしても、
何にもかわらない。

だってサンタクロースを見た人なんていないし、
だからと言って、
「サンタクロースがいない」
っていう証拠もないんだから。

大事なことは、誰も見た人がいないってこと。

あなたは妖精が原っぱで遊んでいるところを見たことがあるかな。
あるいは、お友だちで誰か見た人っているかな? 

うん、いないよね。
でも、だからと言って、妖精がいないって証拠もないんだ。

世界で誰も見たことがない、
見ることができない不思議なことって、
本当のところは、まだ誰にもわからないんだ。


振ったら「ガラガラ」って鳴るオモチャがあるよね。
その中を開ければ、玉が音を鳴らしてるってことがわかる。

でも、この不思議な世界には、
どんな強い人でも、どんな強い人が束になってかかっても、
こじ開けることのできないカーテンみたいなものがあるんだよ。

無邪気な心とか、
詩を楽しむ心、
愛とか、
人を好きになる心だけが、
そのカーテンの向こう側にある、
ものすごくきれいで素晴らしい世界を見たり、
描いたりすることができるんだよ。

嘘じゃないかって? 

ヴァージニア、
これだけは言える。

いつでも、どこでも、これは、本当のことだよ。


ヴァージニア、
何千年、
いや、
あと十万年たっても、
サンタクロースはずっと、
子どもたちの心を、ワクワクさせてくれるよ。

サンタクロースは、ずっと、いつまでもいます。




その後、ヴァージニアは、
ニューヨークの学校の先生になって、
47年間、子どもたちを教え続けたそうです。


「目に見えない物への敬い」
という気持ちが、本当に薄くなった昨今。

改めて気付かされる事が多い社説ですよね。


スポンサーサイト

2010/11/13 13:29 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。