スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

Yちゃんの成長

みなさま、こんにちは。


去年から、ここ『どんぐり個別指導学院』に通ってきてくれている
小2のYちゃん。

最近の成長が著しく、見ていても本当にすごいです!


先日、1問に80分かけてガンバってくれました。


その問題はこちら。



フンコロガシ組[ぐみ]は毎朝[まいあさ]3人[にん]一緒[いっしょ]に
2カ所[にかしょ]の公園[こうえん]へ行[い]って5個[こ]ずつのフンを集[あつ]めます。

ウンコロガシ組は毎朝4人一緒に3カ所の公園へ行って
2個ずつのウンコを集めます。

では、1週間[いっしゅうかん]で集めたフンと
ウンコの数[かず]はどちらが何個[なんこ]少[すく]ないでしょう。



これをすぐ「カケザン」で計算できる子は、相当カケザンの意味が理解できている
子ですね。

大抵の子は、残念ですが

「え~! これってどうするん!?
足し算? 引き算?」

そして、しばらくして

「わからん!」

とさじを投げてしまうのが、パターンです。


スピードや答えだけを求められてきた「教育」の成果が
如実に現れます。
本当に残念なことです。


Yちゃんは、早速絵を描き始めました。


こんな感じになりました。

201009171804000.jpg


学校の先生に
「これが算数の答案です!」
なんてお見せしたら、驚かれるでしょうね。笑


Yちゃんは、1枚の紙では足らず、

「せんせ~、紙ください。」

と2枚目に突入しました。


201009171805000.jpg


まだ足りないようです。


「せんせ~、もう1枚くださ~い」


「いいよ~! あと10枚くらいいる?」笑


「え~、そんなには、要らんと思う。」笑


で、書き上げたのがこちら。


201009171804001.jpg


最初は、顔も描いていたのですが、だんだん
省略されてきました。笑


そして、数を数え始め、何度か計算ミスはあったものの、
最終的には、正答にたどり着けました。


「やった~!!

センセ! もう1枚ちょうだい!」


「もう、今日はすっごく頑張ったから、
また来週にしようね。

今日はYちゃん、すごかったよ!
来週も楽しみだね!」


そういうと、ニコ~としてくれました。



こういう
「なかなか正答にたどり着けない問題」を

「メンドクサイ」
と思うか、
「楽しい」
と思うかで、将来の「学力」の差が出てくるのだと思います。

そして、その「学力」とは、「生きる力」そのものなのです。

スポンサーサイト

2010/11/01 09:57 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。