スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

「答えのない問題」

みなさま、こんにちは。


先日も自習に来ていた女子2人。

「なぁ、センセ!
ちょっとこの問題教えて~。」

どれどれ、とのぞいて見ると、国語の文章問題!(笑)

「あ、ちょっと時間くれる?
センセも読まないと分からんから。


あ~、これはね~・・・。」

等と指導をしておりますが、その間、彼女達がよく使う言葉は、

「答えがわからん」

ということです。



逆に言えば、「答え」を出す事が、今の教育方法が子ども達に求めていることなのでしょう。


答えを出せる人が「出来る人」で、答えを出せない人が「出来ない人」。


そんな窮屈な二元論の世界に子ども達を押し込めておいて、高校になる前に、
「さぁ、これから自分の進路は自分で決めなさい。」
なんて急に言われても、面食らいますよね?(笑)



答えを出せば、ある程度、心を落ち着かせる事ができるのは事実です。

しかし、だからと言って、人生の目的が「落ち着くこと」だと思うのは、早計だと思うのです。



私は、敢えて『答え』を出さない事の方が、大切なのではないかと思います。

そもそも、『答え』とは何か、ということです。




「世界で一番美味しい料理は何か?」


という問題に、明快な答えを出すことはできません。

しかし、そもそも、何故そのような問題に答えなければならないのか、という答えもありません。


オリンピックや世界陸上で行われている100メートル走も、「現時点で」の話はできますが、記録が更新される限り、
「世界で最も速く100メートルを走れる人」
の答えは出ませんよね。


そもそも社会全体に「答え」がないのに、学校で「答え」を求めさせる教育をするのも、根本的に目的が違うような気がします。


学校では社会性を育む事が求められているのであれば、大切なのは、考え方の多様性を認めることだと思います。


「自分(だけ)が正しい」ということではなく、相手の意見や考えに対しても、「そういう見方もあるよね」と思えること。


そして、1つの事実に対しても、一方的な解釈だけでなく、相手の側からも考えてみること。





日本には、馴染みのないアメリカの習慣に、「Thanksgiving Day」があります。
「感謝祭」と訳されて、11月の第4木曜にお祝いをしています。


その起源としては、1620年12月26日に、イギリスの清教徒団"ピルグリム・ファーザーズ"が、イギリス教会の宗教弾圧を逃れ"メイフラワー号"でアメリカのマサチューセッツ州プリマスに到着したことからです。


上陸した年の冬は寒さがとても厳しく、さまざまな困難にも見舞われ、上陸当時100人程いた清教徒のほとんどが寒さや飢え、そして病気などによって命を落としました。彼らは、地元の「原住民」ワンパノグ族の酋長マサソイトに食料を与えられ、何とかその冬を越すことができたそうですが、生き残ったのはたったの50人位だったと伝えられています。



生き残った人たちは、先住民であるネイティブ・アメリカン(インディアン)に狩猟や農耕を教わり、春夏一生懸命働き、結果として秋には収穫できる作物もありました。


そして、その収穫時には、彼らが作った教会に集い、会食を催して収穫を喜び、神に感謝を捧げたそうです。


この席に、入植者の恩人であるインディアン達も招かれました。



インディアン達は、お礼に七面鳥や鹿の肉を持って来ました。

そして、清教徒の一団とインディアンたちは、3日間戸外のテーブルに食物を山と積んで、神に感謝を捧げ、讃美歌を歌ったのです。



これが一般的に言われる『Thanksgiving Day』の起源というわけです。



しかし、この話には続きがあるそうです。



七面鳥で元気になった清教徒らは、マサソイト曾長の死ぬのを待って彼らの領土を奪い始めます。


抵抗した息子は殺され、その首は20年間プリマスの港に晒されました。

彼の妻子と一族も、まとめてカリブの奴隷商人に叩き売られたそうです。


土地を手に入れた清教徒たちは、働き手と「妻」を最寄りの奴隷市場に買いに行きました。

実は、奴隷市場はメイフラワー号が着く一年前に店開きしていて、最初の売り物は140人の英国の白人女囚だったという記録が残っているそうです。


新大陸は、まず「神に仕える」男たちが入植し、ある程度の生活基盤ができたので、次に必要なのはそれを発展させること。つまり子孫でした。


それで英政府は、万引き程度の罪でもみな『島流し』を宣告して、新大陸に送りこんだそうです。




もし、本当に「神に仕える」清教徒たちが、感謝祭に伝えられるような心根を持った人たちであれば、ウーンデッドニーのインディアンの大量虐殺の様なことは、起こらなかったでしょう。



別に、私はここでアメリカ人を非難しているわけではありません。


ですが、そういうことも、きちんと子ども達に教えた上で七面鳥を食べるなら、それでも良いと思います。


「私達のそう遠くない祖先の人たちは、こういうことをしてきたんだよ。

それについては、どう思う?」


それが、歴史を学ぶ理由です。

そこには、「答え」は必要ありません。




「考える」ということ。


そしてその結果、
「どういう自分でありたいのか」
ということを決めること。

それが目的のような気がします。

スポンサーサイト

2010/09/14 15:57 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。