スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

天国の心、地獄の心

みなさま、こんにちは。


毎日暑いですね!
娘の肺炎もお陰さまで治ったようです。
今日も、朝から走り回っております。笑

ケンゴのトビヒもすっかり綺麗になりました!
鼻の頭も、文字通り「一皮むけて」ツルツルになりました!笑




さて、天国と地獄の違いについて。

私の好きな話ですので、後学のために残しておきたいと思います。
ちなみに元ネタは上前淳一郎さんの「読むクスリ」にあります。



天国と地獄。
実は違いは何もないのです。

同じような広い部屋があって、同じような庭がある。
普段見慣れない物と言えば、その部屋の真ん中に大きな釜があって、
その中でうどんがグラグラ煮立っている。

もちろん、その釜は熱いので、むやみに近付けない。
では、どうやってその釜のうどんを食べるのか。
ふと見ると、長さ1メートルくらいの箸がある。
食事の時になると、その箸と付け汁が支給されるらしい。
終わると無くなる様だ。


ここまでの条件は同じ。
でも地獄にいる人は、誰もうどんを食べられない。
いつも飢えて、喧嘩ばかりしている。

一方、天国にいる人は、みんなお腹いっぱいうどんを食べて、
楽しそうに笑っている。

なぜ、与えられた環境が同じなのに、こんなにも違うのでしょうか。



地獄の人は、うどんを食べる時に、
制限時間を気にするので、身近なところのうどんを食べようとします。
しかしそれは、隣に居る人も狙っていたうどんですから、
「俺のだ!」
「私のだ!」
と喧嘩になります。
運よく自分の物にできたとしても、
今度は長い箸を上手く操って、付け汁に付けることができません。
運よくうどんが掴めても、今度は自分の口に運べません。
箸を短く持とうとすると、隣の人、後ろの人に当たってしまいます。
そうこうしているうちに、喧嘩をしている相手から邪魔をされたりします。

「あっ!」
と思った時は、また釜の中にうどんを落としてしまうのです。

こんなことをしている間に、食事の時間が終わるのか、箸と付け汁は無くなってしまいます。

後に残るのは、恨めしそうに釜の中のうどんを見る目と
お互いにいがみ合う心。足の引っ張り合い。
そして、いつまでも満たされない空腹感。

それがずっと繰り返されるところ。
まさに地獄です。



では、天国はどうか。
なぜ、同じ条件なのに、みんなが笑顔で楽しそうにしていられるのか。

非常に簡単なことなのです。
釜の中からすくったうどんを、箸の長さを活かして向かいの人に
食べさせています。

「食べさせてくれて、ありがとう。
じゃあ、今度はお返しに。」

と、今度は反対に食べさせてもらえる。
そうやって、みんながお腹いっぱい食べることができます。



天国も地獄も環境は何も違わない。

違っているのは、そこにいる人の心だけ。
心の持ちようで、同じ環境でも、地獄にもなるし、天国にもなります。


これは別に「あの世」の話だけではありません。
「この世」も全く同じですよね。

不平不満だらけで、いつもイライラして、人にあたっている。
そして、自分のことしか考えていない人。

口癖は、
「でも」、「だって」、「なんで」、でしょうね。(笑)

こういう人は、まさに地獄にいるのと同じ心境でしょう。


でも、自分のことよりも、まず人のことを考えてあげて、
明るく朗らかに生きている人。

口癖は、
「ありがとう」です。

一番他の人に食べさせてあげた人が、一番自分が食べることができていますよね。


つまり、他人に与えた分以上のものが、自分に返ってきているのです。


以前、なぜ、死にたい位に辛い事を味わうのだろうか、ということを書いていましたが、
「辛い」と思っているときは、大体利己主義になっているときです。


傲慢さと誇りは違います。

誇り(プライド)とは、自分のことはどうでもいい。
でも、今まで自分に与えられた愛情は守りたい。
そう思うことです。


人は一人では生まれて来られませんし、生きられません。
必ず、親がいます。
そして育ててくれた人がいます。
ミルクを与え、おしめを替えて服を替え、寝る場所を用意してくれた人が必ずいます。

無関心ではなく、愛情を確かに注いでくれた人がいた。
それが、今、そこに人がいる、という証拠です。


どんな人にも親が居て、
愛情を注いでくれた人がいて、
心を分かち合える人がいる。


よく
「幽霊が怖い」
なんて人がいますが、その幽霊にもちゃんと、親が居て、
愛情を注いでくれた人がいたのです。

人間とは心しだい。
そう思います。

スポンサーサイト

2010/07/27 17:22 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。