スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

過程が大切① ~コトノハ寄稿文より~

みなさま、こんにちは。

元データが無くなってしまいましたので、
ここにもう一度書き起こして、保存させておいてください。






『学習、子育て、人生 全て過程が大切です』
              



◆教育への思い◆

「塾の先生をしていて、本当によかったな。」

そう思うことが、年に何回かあります。
静寂の中、生徒たちが「あ!」と一瞬動きを止め、しばらくすると目をキラキラさせて、一気に問題をダーッと解いていく姿。

「ああでもない、こうでもない」と問題を一生懸命考えている姿。
そんな場面に立ち会えると、いじらしささえ感じる嬉しさがこみ上げてきます。
子供の成長を実感できる瞬間です。


さて、最初に私のことを少しお話させて頂こうと思います。

私自身は、平成18年の8月にそれまで8年間勤めていた塾業界から身を引きました。
勤めていた大手の塾は全国展開をしており、私はそこの個別指導のある教室の責任者でした。

教室は岡山の中心街からは程遠い場所にありながら、
1日に多い時には180名の生徒たちと30人以上の先生たちが出入りするような、
岡山県でも有数の大所帯の教室の成長しました。


私個人としては、責任者になったことで直接生徒の教科指導をすることは減りましたが、
その分生徒たちとのカウンセリングに使う時間が増えましたし、
親御さんたちとお話する時間もできました。

また、大学生を中心とした先生方とのやり取りができる時間も増えました。
今思えば、本当に楽しい時間でした。


一方で、長期休み前になると、大半の塾で『講習会を売る』という業務が始まります。
生徒主体の講習会なのか、それとも会社主体の講習会なのかという視点で見ると、
大手は残念ながら後者です。


もちろん、善意で講習会をされている塾も沢山あるとは思います。
しかし、大手塾は社員のボーナスを捻出しなければなりません。
子供の成長よりも、会社の存続。
勿論、理解はできますが、教育としては動機を完全に誤っているように思えました。


塾で働くお一人おひとりは本当に良い方が多いです。
生徒の成長を何よりも楽しみにされていて、教育という仕事に生きがいを感じておられる方たち。
学校の管理教育に行き詰まりを感じているから、塾で伸び伸びと教えたい、
そんな純粋な気持ちを持っておられる方が大半でした。


しかし、それが組織となり、会社となったときに存続が第一目標になり、安定成長が求められます。
存続自体は大切なことです。しかし、私の求める教育はありませんでした。
ですので、大変悩みましたが、その塾を辞めました。


ある日、そのことを子供たちに伝えていくと、泣きながら教室を出て行く子が何人かいました。
そこまで慕ってくれている嬉しさと、もう何もできないことの寂しさとで複雑な気持ちでした。



しかし、退職後2年ほど経ち、縁あって去年、今の教室の立ち上げを任されるようになりました。
『個別指導のフイユ』(現在は『どんぐり個別指導学院』です)です。

そこでは、どんぐり倶楽部の思想に賛同して、子供たちの成長を大切にする教育を心掛けています。





◆ 愛情を求めている子供たち◆


塾で子供たちに接していると、子供たちは色々な話をしてくれるようになります。
そうすると、彼ら、彼女らは少しずつ心の闇を共有させてくれるようになります。


以前勤めていた塾に、夜の10時を過ぎても自習室から帰らない中2の女の子がいました。
「お~い! そろそろ帰ろうや~!」
と声をかけると、
「うん・・・」
とは言うものの、ぽつりと
「家に帰っても、誰もおらんしなぁ・・・」
と寂しそうに呟いたりします。
聞くと、お母さんは夜勤で遅くまで帰らないとのこと。


日本には古来より「察する文化」がありました。

「あえて『あなたは大事』とは直接言わないけれど、きっと分かってくれているだろう」という文化です。お父さん、お母さんがこれだけ一生懸命、家族のため、子供たちのために働いているのだから、
子供もその苦労くらいは理解してくれているだろう、寂しさも我慢してくれるだろう、
と考えておられる方も多いと聞きます。


しかし、よく考えてみると親が苦労している姿も何も見せないで、
「理解だけしてくれ!」
なんて、子供にとっても無茶な話です。

昔の人は確かに、自分の子供には直接「あなたは大事だからね」
ということを言わなかったかもしれませんが、
それを間接的に伝える機会が沢山あったのだと思います。


例えば、お墓参り。
お墓の掃除やお花やお線香をあげて、親が、
「ご先祖の皆さん、今までどうもありがとうございます。
これからも、子供たちが健康に育ちますよう、見守ってやってください。」
と家族の前で言うこと。


例えば、お宮参り。初詣。
よそ行きの服を着て神社に行き、境内で、
「この子がここまで無事に成長できました。ありがとうございます。
また、来年もお礼参りに来られますよう、宜しくお願い致します。」
などと言葉にすること。


子供の日に菖蒲湯を準備することも、
お正月に真新しい下着を準備することも、
もちろん、そんな特別な時ばかりではなく、
毎日のご飯を準備すること、
お風呂を沸かすこと、
洗濯をすること、
やぶれた服を繕ってやること等、
そういう手間暇(てまひま)、つまり、
「お父さん、お母さんが、わざわざ自分のためにやってくれたんだ」
ということが、子供たちにとって親の愛情が確認できる場所だったと思うのです。


今は、そういう手間暇は、殆ど機械でやってしまいます。
スイッチ1つでお風呂。
ボタン1つで洗濯、乾燥。
ご飯も、無洗米にお水を入れて、スイッチポンで炊き上がる。
おかずは「チン」して出来上がり。
やぶれた服も繕う手間を考えると買った方が良い。


そうなると、子供たちには、
「お母さんがわざわざやってくれている」とか、
「自分のことを考えてくれている」という感覚が育ちにくいのではないかと思います。



つまり、そういう「手間暇」にこそ、思いが込められるのだと思うのです。


前出の「10時を過ぎても帰らない女の子」のお母さんともお話をする機会がありました。
そのときに、私は1つの提案をしました。それは、
「メモで良いので、この子に何か手紙を書いてもらえませんか。」
という些細なことでした。

次の日、その子が嬉しそうに塾にやってきて、少し照れたような顔で1枚のメモを見せてくれました。
そこにはこうありました。


「A へ。
今までちゃんと話もせずにごめんね。Aの寂しさを分かってあげられなくてごめんね。
でも、お母さんが大変なのはわかっているよね。
できるだけAも、自分のことは自分でしてくれるたら、お母さんも嬉しいです。
このあいだ作ってくれたハンバーク、おいしかったよ。
またお花見に2人で行こうね。
お母さんもがんばるから、Aもがんばってね。」


このメモはAちゃんにとって宝物になりました。
Aちゃんの成績が伸び始めたのは言うまでもありません。
英語はいつも30点台だったのに、初めて70点台を取るようになったのです。


子供は常に、親からの愛情を今か今かと待っています。
ですから、親が向けてくれた愛情が、純粋に子供に向けられたものなのか、
それとも、自分を通して親自身に向けられたものなのか、その辺りを鋭く見抜きます。

実父母でない方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実父母でなくても、
子供が求める100%の愛情でなくても、関係ありません。


1%でも良い。
子供は本物の愛情を求めています。
生身の人間には、生身の愛情が必要なのです。
そんなことを塾の現場で感じてきました。





◆親の心が変わること◆


子供の成績を上げるために、今一番必要なことは、
実は親御さんの心が変わることだと、私は思っています。
親の価値観が変わることです。視点や信念を変えると言っても良いかもしれません。


勤めていた塾でどうしても越えられなかった壁。
それは、親御さんの心に訴えかけることでした。
塾ではそこまで踏み込めないのです。


親が子供に無関心になることは、子供を卑屈にしてしまいますし、
過保護は、子供を無機質な心にしてしまいます。
良かれと思って子供にしていることが、
実は子供の生きる力、考える力を奪い去っていることが多い。

場合によっては取り返しのつかないことにもなってしまう。
そんな悲しい場面も沢山見てきました。


中学受験をするからと、子供に勉強部屋を与えるために、
お父さんもお母さんも一生懸命働いて、新しくて広いマンションに引っ越した。
その時点では夢がいっぱいの筈だったと思います。

しかし、ローンを返すためにと、ご両親ともに毎晩遅くまで働いて、
以前のように子供と心を通わすことが減ってしまった。
その結果、子供が、
「僕なんか、いなくてもいい」
という寂しさに耐えきれずに、部屋で自殺をしてしまった。
そんな話もありました。

スポンサーサイト

2009/07/23 09:03 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。