スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

天国の心、地獄の心

みなさま、こんにちは。


毎日暑いですね!
娘の肺炎もお陰さまで治ったようです。
今日も、朝から走り回っております。笑

ケンゴのトビヒもすっかり綺麗になりました!
鼻の頭も、文字通り「一皮むけて」ツルツルになりました!笑




さて、天国と地獄の違いについて。

私の好きな話ですので、後学のために残しておきたいと思います。
ちなみに元ネタは上前淳一郎さんの「読むクスリ」にあります。



天国と地獄。
実は違いは何もないのです。

同じような広い部屋があって、同じような庭がある。
普段見慣れない物と言えば、その部屋の真ん中に大きな釜があって、
その中でうどんがグラグラ煮立っている。

もちろん、その釜は熱いので、むやみに近付けない。
では、どうやってその釜のうどんを食べるのか。
ふと見ると、長さ1メートルくらいの箸がある。
食事の時になると、その箸と付け汁が支給されるらしい。
終わると無くなる様だ。


ここまでの条件は同じ。
でも地獄にいる人は、誰もうどんを食べられない。
いつも飢えて、喧嘩ばかりしている。

一方、天国にいる人は、みんなお腹いっぱいうどんを食べて、
楽しそうに笑っている。

なぜ、与えられた環境が同じなのに、こんなにも違うのでしょうか。



地獄の人は、うどんを食べる時に、
制限時間を気にするので、身近なところのうどんを食べようとします。
しかしそれは、隣に居る人も狙っていたうどんですから、
「俺のだ!」
「私のだ!」
と喧嘩になります。
運よく自分の物にできたとしても、
今度は長い箸を上手く操って、付け汁に付けることができません。
運よくうどんが掴めても、今度は自分の口に運べません。
箸を短く持とうとすると、隣の人、後ろの人に当たってしまいます。
そうこうしているうちに、喧嘩をしている相手から邪魔をされたりします。

「あっ!」
と思った時は、また釜の中にうどんを落としてしまうのです。

こんなことをしている間に、食事の時間が終わるのか、箸と付け汁は無くなってしまいます。

後に残るのは、恨めしそうに釜の中のうどんを見る目と
お互いにいがみ合う心。足の引っ張り合い。
そして、いつまでも満たされない空腹感。

それがずっと繰り返されるところ。
まさに地獄です。



では、天国はどうか。
なぜ、同じ条件なのに、みんなが笑顔で楽しそうにしていられるのか。

非常に簡単なことなのです。
釜の中からすくったうどんを、箸の長さを活かして向かいの人に
食べさせています。

「食べさせてくれて、ありがとう。
じゃあ、今度はお返しに。」

と、今度は反対に食べさせてもらえる。
そうやって、みんながお腹いっぱい食べることができます。



天国も地獄も環境は何も違わない。

違っているのは、そこにいる人の心だけ。
心の持ちようで、同じ環境でも、地獄にもなるし、天国にもなります。


これは別に「あの世」の話だけではありません。
「この世」も全く同じですよね。

不平不満だらけで、いつもイライラして、人にあたっている。
そして、自分のことしか考えていない人。

口癖は、
「でも」、「だって」、「なんで」、でしょうね。(笑)

こういう人は、まさに地獄にいるのと同じ心境でしょう。


でも、自分のことよりも、まず人のことを考えてあげて、
明るく朗らかに生きている人。

口癖は、
「ありがとう」です。

一番他の人に食べさせてあげた人が、一番自分が食べることができていますよね。


つまり、他人に与えた分以上のものが、自分に返ってきているのです。


以前、なぜ、死にたい位に辛い事を味わうのだろうか、ということを書いていましたが、
「辛い」と思っているときは、大体利己主義になっているときです。


傲慢さと誇りは違います。

誇り(プライド)とは、自分のことはどうでもいい。
でも、今まで自分に与えられた愛情は守りたい。
そう思うことです。


人は一人では生まれて来られませんし、生きられません。
必ず、親がいます。
そして育ててくれた人がいます。
ミルクを与え、おしめを替えて服を替え、寝る場所を用意してくれた人が必ずいます。

無関心ではなく、愛情を確かに注いでくれた人がいた。
それが、今、そこに人がいる、という証拠です。


どんな人にも親が居て、
愛情を注いでくれた人がいて、
心を分かち合える人がいる。


よく
「幽霊が怖い」
なんて人がいますが、その幽霊にもちゃんと、親が居て、
愛情を注いでくれた人がいたのです。

人間とは心しだい。
そう思います。

スポンサーサイト

2010/07/27 17:22 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

スローフード運動

みなさま、こんにちは。


昨日は、高2の英語を見ておりました。

最近の教科書には「スローフード」も取り上げられているんですね。
思わず、生徒が和訳を考えている間に、面白くなって先を読んでいたりして・・・。(笑)


よく言われているのが、1980年代のイタリア、ローマのスペイン広場にマクドナルドが進出してきたところから、「イタリアの食文化を守ろう!」という機運が高まり、1986年、イタリアのビエモンテ州ブラで始まったのが、スローフード運動だとされています。


「イタリア」の「スペイン広場」というのがヤヤコシクテ良いですね。(笑)
もちろん、「ローマの休日」で有名な場所です。
いつ行っても、誰かがジェラートを食べています。(笑)
とは言え、私も2回しか行ったことがありませんが。(笑)


さて、『どんぐり倶楽部』の中にも、スローフードに関する記述があります。

こちら⇒http://homepage.mac.com/donguriclub/slow.html



その教科書にも載っていましたが、

『スローフードとは、何を食べるか、ということのみならず、どのように食べるか、ということを考えることも後押ししているのです。』


「どのように食べるか」

ということは、単なる調理法だけではありません。

どこで食べるのか。
誰と食べるのか。
どんな雰囲気で食べたいのか。
何を話しながら食べたいのか。

そういった様々な食を取り囲む環境全てを(楽しく)考えながら、人間にとって

『より幸せな食文化』

を今一度考え直そう、と言う意味も含みます。



私が今、口にしているのは、「命」だということの確認。
それを作ってくれた農家の方々、取ってくれた漁師さん、酪農家の方々への感謝、とその関係。
私が今、食べているものの文化的な背景。
地域とのつながり。
他の国、人々とのつながり。

そして、心を込めて作ってくれた人々への思い。


そういったものが、たとえ不恰好なコロッケ1つからでも、豊かに想像できることが、私としては「教育の成果」であると思います。

そして、それを「味わう」ということ。

外のパン粉のカリっとした歯応え。
その中にある、じゃがいものホクホク感。
ニンジンや玉ねぎの甘さやひき肉の旨味。
塩加減、胡椒加減。

そんなものが、渾然一体となって、口の中に広がる様子を「味わえること」。
そしてそれを「楽しむこと」。


それこそが、本当の意味での「豊かさ」だと思うのです。
その一番分かりやすい形が「スローフード」だと思います。

「食」とは、「人」を「良くする」と書きますしネ!



資本主義が、『合理化』や『効率性重視』を追求した影に置き去りにしてきたこと。

今、資本主義が崩壊していくのは、「人間らしさ」と乖離していたからだ、というのは、ちょっと言いすぎでしょうか。

2010/07/22 16:44 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

近況として・・・

みなさま、こんにちは。

日記が少し滞っております。
すみません。

ちょっとばたばたしております。

ばたばたの原因の1つは、娘が肺炎に罹りました。

3日前に、40度以上の熱が出て、救急に駆け込むと、
「胸から異音がする」
とのことで、レントゲンをすぐに撮りました。

すると、
「心臓が見えないくらい、肺に炎症が起こっています。」
ということで、緊急入院になりました。


幸い、今は状況も落ち着いて、明日検査結果によっては
退院できそうです。


いやー、あせりましたよ! 汗


1歳ということですから、どちらかの親がずっと
一緒に寝泊りしないといけない。

今回は嫁がずっと娘に付き添いました。

「トイレも行けない」
状況だったそうです。

まぁ、知らない所でずっといるなんて、
娘もさぞかし不安だったでしょうね。


そして、息子のケンゴは「トビヒ」に罹っておりました。

最初は、右手の内側だけに「虫刺され」のような傷が出来ていたので、
引っかいていたようです。

そのうち、皮膚が破れてしまって、汁が出て。
その臭いが変だ、ということで、ケンゴが気になって臭いを嗅いでいたから、
ばっちり鼻の頭にも「トビヒ」がうつっていました。笑


今は、塗り薬も飲み薬も処方して頂いたものが合っているようで、
最初は、3週間くらいかかるかな~?と思っていたのに、
1週間も経たずに治ってきているようです。



それと、私は前回お知らせしたように、
ラジオに出てきました。

様子はこちらから聞けます。

こちら→http://camnet.jp/rsk/index.html

楽しかった~!笑


「一番はしゃいでるね!」

と皆さんから言われました。笑


「だって、ラジオに出るのが、夢だったんですもの~!!!」
と穴に向かって叫びたいくらいでしたよ。笑


番組の都合で10分しか出られませんでしたが、
私のデビュー戦としては、十分でした。

ただ、もう少し言うことを練っておけばよかったな~、
という反省もあります。


また、是非、呼んでくださいね!


ラジオ局はこんな感じでした。


番組前の打ち合わせ風景

201007102056000.jpg



「金魚鉢」の中とディレクター席

201007102106000.jpg


「金魚鉢」の中  ラジオオンエアー中です!


201007102115000.jpg


山陽放送の入館証


201007102043000.jpg



企画で盛り上がっている手作りラジオ 「IO(いお)」 
ちっちゃくてカワイイです。


201007102046000.jpg


お茶を持ってきてくださったのが、
RSKのアナウンサーさんでした!
記念撮影です。パチリ


え~、一番手前の方は、わざとぼかしています。笑

201007102102000.jpg




(おまけ)
入院中のアイリです。

左手の点滴用に針を入れているサポーターみたいなのが、
痛々しいですね・・・。

点滴を入れる時間が10時間くらいになりましたので、
ずっと管につながれていた感じです・・・。

どこにも行けずに、イライラしていたと思います。
よく泣いていました。

そんな様子に、私たちも胸が痛みました。


201007140909000.jpg


世界中の病気の子供たちが
少しでも笑顔になりますよう。

心よりお祈りさせて頂きます。

2010/07/17 23:42 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

あー楽しかった!!

本日、ラジオに出演させていただきました。

本当に楽しかったです~。

また、その模様は後日アップしますね。

2010/07/10 23:53 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

明日ラジオに出ますよ~!

さてさて、みなさま、こんにちは。


よいよい、いや、いよいよ明日です!

明日の午後9時からの

「RADIO CAMNET 丸の内」

に出演いたします。


で、皆様にお願いでございます。


ラジオ番組には、テレビのような「視聴率調査」
があまりないらしいのですが、
その代わりになるのが、

「メールの数」

なのだそうです。


番組を盛り上げるつもりで、
ひとつメールを送ってやってください。

こちらから→http://fm.sekkaku.net/mail/1269134411/

ゲストコーナーで大丈夫です。


「出演おめでとう!」
とか、
「大好きです! (うな重が)」
とか、
「いつも、聞いています! (ミスチルの曲を)」
とか、
「頑張ってください! (スペイン代表のみなさん)」

とか、どんなメッセージでも結構です。

ヨロシクお願い致します。

2010/07/10 00:51 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『お願い』 告知させてください!

みなさん、こんにちは。


さてさて、今週の土曜日ですが、

わたくし、午後9時からのRSKラジオ

『ラジオ キャムネット 丸の内』

に出演します~!



インターネットラジオつながりで、

『平松商事株式会社育児支援部』として

出演予定です。



是非是非、メール、お便り、何でもくださ~い!!

聞いてなくても、メールだけください。笑


塾生の皆さんは、それを授業の代わりにしますので、
え~、聞いていない人は、単位をあげません。笑


長年ラジオを聴いていましたが、
まさか自分が出るなんて、夢のようです!


さてさて、どんな話になりますやら。


私たちの出演は、午後9時半くらいからの30分間になると思います。

是非、聞いてくださいね。


もちろん、「どんぐり塾」の話もしますよ。
国際塾の話はできるかな~?
夜カフェは。。。?笑


メールを下さった方の名前は、できるだけ番組中に
散りばめたいと思います。笑


ヨロシクです~!

2010/07/07 22:28 | 未分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。